トップ > 大使館のハイライト

大使館のハイライト 2006年

2017年  2016年  2015年  2014年  2013年  2012年  2011年  2010年  2009年  2008年  2007年  2005年 


日サウジ投資ワークショップの開催について(06年11月)

06年11月21日、日サウジ投資ワークショップ(サウジ総合投資院[SAGIA]主催、中東協力センター[JCCME]・国際協力銀行[JBIC]協力)がリヤドにて開催されました。

会合には、日本の有力経営者等からなる代表団(団長:根本JCCME会長)、ダッバーグSAGIA総裁を始めとするサウジ政府及びビジネス関係者が参集し、サウジへの投資促進をテーマとしたプレゼンテーション、意見交換等が行われました。

また、日本代表団はワークショップ開催に前後して、アブドッラー国王への拝謁、ゴサイビ経済企画大臣との会談等を行いました。

日本の有力企業のトップ等が訪サしたことは今後の両国の更なる経済関係強化を進める上で大変意義深いことです。

参考)中村大使開会挨拶


日サウジ投資ワークショップの様子

第1回日サウジエネルギー協議の開催(06年11月)

11月18日、第1回日サウジエネルギー協議がリヤドにて開催されました。日本側は、望月晴文資源エネルギー庁長官、サウジ側はアブドルアジーズ・ビン・サルマン石油鉱物資源省副大臣がそれぞれ代表を務めました。

協議では、今後のエネルギー需給見通しに対する双方の見解、二国間協力の今後の在り方、日本の「新・国家エネルギー戦略」等についての意見交換が行われました。

近年日サウジ経済関係は大変好調ですが、日GCCFTA及び日サウジ投資交渉開始に続き、両国にとって関心の高いエネルギー分野での協議がスタートしたことは大変意義深いことです。次回会合は07年秋頃に東京にて開催予定です。


日サウジアラビア投資協定第一回交渉開催について(06年10月)

我が国とサウジアラビアは10月5日(木)、6日(金)の両日、東京において、投資協定(BIT)交渉の第一回会合を行いました。サウジ側はアル・アワッド・サウジアラビア総合投資院(SAGIA)副総裁及びトラド駐日サウジアラビア大使が代表を務め、伊藤秀樹外務省中東アフリカ局参事官をヘッドとする日本側の関係者と協議しました。

今回の第一回会合では今後の交渉の進め方、日程等を中心に議論がなされました。次回会合は本年中にリヤドで開催される予定です。


日GCC自由貿易協定第一回交渉開催について(06年9月)

我が国は、9月21日(木)、22日(金)の両日、東京においてGCC(湾岸協力理事会)との間で、自由貿易協定(FTA)交渉の第一回交渉を行いました。バーレーン、クウェート、オマーン、カタール、サウジアラビア、アラブ首長国連邦の6カ国から成るGCCからは、アル・バザイGCC首席交渉コーディネーター率いる代表団が出席し、我が国代表は薮中三十二外務審議官が務めました。

2日間の交渉は、物品やサービス貿易の関税の撤廃・削減について意見交換するなど、順調に進みました。次回交渉は本年中にリヤドにて開催される予定です。


中川農林水産大臣のサウジ訪問(06年8月)

06年8月20日~22日にかけて、中川昭一農林水産大臣がサウジ(ジッダ)を訪問しました。

滞在中は、アブドッラー国王への謁見、バルグナイム農業大臣及びヤマニ商工業大臣と会談を行い、農業分野に留まらない幅広い意見交換が行われました。また、在ジッダ日系企業との懇談や、各施設(鶏の飼育・処理施設、砂漠環境プロジェクト、日サウジ自動車高等研修所[SJAHI]、ペトロラービグ)をそれぞれ訪問しました。

現役閣僚のサウジ訪問としては03年の小泉総理の訪サ以来3年ぶりであり、両国の関係強化にとって重要なものとなりました。


アブドッラー国王へ謁見する中川農林水産大臣(写真:SPA)

平成18年度自衛隊レセプションの開催

6月13日、大使公邸において平成18年度自衛隊記念日レセプションが開催されました。

これは、1954年7月1日の自衛隊創設を記念し例年当地政府関係者や外交団を招いて実施されているものですが、今年は5月に着任した中村大使の着任披露も兼ねて行われました。

会場では当館自慢の焼き鳥・天ぷら屋台や自衛隊の海外活動のビデオ放映があり、各国大使やサウジ軍将官はじめ約250名の参加を得て、レセプションは盛況に終わりました。


平成18年度自衛隊レセプション(大使公邸)の一場面

サウジ全国空手大会における当館館員の剣道デモンストレーション

4月26日、オリンピック・スタジアム(リヤド)において行われた青年福祉庁長官杯全国空手大会開催中に、当館の宅間防衛駐在官等による剣道デモンストレーションが実施されました。

これは、当地では空手、柔道、テコンドー等の武道系スポーツが盛んですが、剣道についてはあまり広く普及していないこともあり、サウジ空手連盟からの依頼に応じ、空手大会に集まったサウジ人の観衆を前に剣道の紹介を行い、当地における日本文化への関心を高めることを目的として行われたものです。

当館宅間防衛駐在官他計4名(同駐在官が私的に指導しているサウジ人学生2名を含む)が約30分に亘り、全日本剣道連盟居合、全日本剣道形、基本技、互角稽古を披露、観衆からの喝采を受け、デモンストレーションは盛況に終わりました。


剣道デモンストレーション後、サウジ空手連盟会長らと記念撮影

第7回日サウジビジネスカウンシル合同委員会の開催

3月22日、両国の民間経済交流の柱である日サウジビジネスカウンシル合同委員会(第7回)がリヤドにて開催されました。会合には、小長AOCホールディングス相談役とジュレーシーサウジ商工会議所連盟副会頭が共同議長を務め、また、齋藤駐サウジ大使とゴサイビ経済企画大臣から挨拶が行われました。

当日は、両国の民間企業、政府、大学関係者等合計150人程度が参加し、WTO加盟後のサウジ経済、サウジへの投資機会、ラービグ計画(住友化学とサウジアラムコによるジョイントベンチャー)、鉱物資源開発、淡水化事業等に関して関係機関よりプレゼンテーション及び意見交換が行われました。

次回会合は、来年(07年)2月中旬に東京での開催が予定されております。


第7回日サウジビジネスカウンシルの一場面