トップ > 領事・治安・医療 > ペットの持ち込み

ペットの持ち込み

1.サウジアラビアの規則では,警備の目的,ハンテイングの目的及び盲人のための犬については輸入が認められますが,下記リストの犬は輸入禁止となっています

輸入が禁止されている犬

  • 1 Japanese spits
  • 2 Japanese Akita/ Akita
  • 3 Affenpinscher
  • 4 Griffon Bruxellois / Brussels Griffon /Brabancon /Belgian Griffon
  • 5.Hovawart
  • 6 Boxer
  • 7 Bulldog/English Bulldoy
  • 8 Rottweiler
  • 9 Bull terrier
  • 10 Staffordshire Bull Terrier
  • 11 Lancashire Heeler
  • 12 Swedish Valibund/Swedish cattle dog /vasgotaspets
  • 13 Mastiff / old English Mastiff
  • 14 Neapolitan Mastiff
  • 15 Newfoundland
  • 16 Great Dane/Deutsche dog
  • 17 Bull Mastiff
  • 18 Japanese Tosa
  • 19 Dandi Dinmont Terrier


2.手続きを行う上で,上記1.の規則があるので,手続関係書類には「警備のための犬(guard dogs)または、ハンテイング犬(hunting dogs)」と記載します。

3.輸入手続きに必要な書類は保健所発行の「検疫証明書」(英文)及び犬に関する書類(所有者の住所氏名、犬の種類、性別、生年月日、色、予防接種日等を記載)(英文)で、いずれも在京サウジアラビア大使館での手続きが必要となります。詳細は同大使館領事部(03-3589-5241)へ照会ください。

4.輸入後の検疫期間は予防接種によって異なるようです。また鳥類の持ち込みについては,事前にNCWCD(Saudi National Commission for Wildlife Conservation & Development)の許可が必要です。

5.リヤドにあるペット・クリニック

  • Riyadh Veterinary Clinic
    • TEL: 011-456-8736
      FAX: 011-263-2796

  • AMAN Veterinary Clinic
    • TEL: 011-242-0122
      FAX: 011-242-0152

  • Elite Veterinary Specialist Clinic

  • Advanced Pet Clinic
  •